小説サイト | サイトタイトル

ブログの説明 | ブログの説明欄に入れた文章が表示されます

社会に疲れた人をトラッパーがなでなでして癒す小説 二話

サバイバーはトラッパーの禊を待ちつつ、居間で書物を眺めていた。奥からはシャワーの水飛沫の音が響いてくる。先ほどのやり取りといいどこと無く気まずい空気が流れていた。

サバイバーはトラッパーがいつも読んでいる分厚い本を手にし内容を眺めた。文学というよりかは経済や土地に関わる内容に見えたが難しい単語が並んだその書物は到底理解できるものではなかった。

だがサバイバーが本の内容を理解できなくともトラッパー自身については理解できるような気がした。この本はトラッパーがいつも手にし、好んでいる本だ。トラッパーが持っている世界を少しでも共有したかった。彼の興味を理解したかった。なにせ彼は何も語ろうとはしないのだから。

 

トラッパーがシャワーから上がると既に着替えが用意されていた。清潔な服装に着替え素顔の状態でシャワー室を出た。今の彼はとても殺人鬼には見えない。

「トラッパー、上がってきたの……?」

足音を立てながら戻ってきたトラッパーに振り返りサバイバーは声に詰まる。トラッパーがあまりにも男前だったからだ。トラッパーは感情のない目でサバイバーを睨み付けると足を組んでソファーに座りサバイバーから本を奪い取った。その際、少しだけ微笑んだ気がした。

「じゃあ、自分は上に行くね」

「おい、まてこっちにこい」

トラッパーに引き止められサバイバーの心臓が跳ね上がる。自分は何かしでかしてしまっただろうか。だが彼の声の感じからするとむしろ嬉しそうだ。

「ここに座れ」

トラッパーは言う。サバイバーは渋々トラッパーの隣に座った。トラッパーは何を言うわけでもなく静かに本をめくっていた。まるでサバイバーを隣においているというだけで満足しているようだ。サバイバーは不安そうにトラッパーの横顔を見上げた。

「お前はよくやってくれてる」

トラッパーは不躾にそう言うとサバイバーを見下げその頭に手を置いた。そして目を細めて優しく撫でる。

「…………!!」

サバイバーの心臓が思わず跳ね上がった。自分の頭には重くて硬いトラッパーの手の感触がある。まるで犬を撫でる主人のような目でトラッパーは自分の頭を撫でていた。視線はトラッパーに集中しどくどくと心臓が鳴る。顔は高潮し全身を熱い血がめぐった。今までに抱いたことのない感情だった。

「お返しだ」

トラッパーはいたずらっぽく笑う。

「何の?」

「さっき俺を誘惑しようとしただろう?」

満更でもなさそうにトラッパーは言った。これがお返しだとしたら完全なクロスカウンターだ。その威力は凶悪で一瞬でサバイバーの心を落とした。相手が殺人鬼だからとか人間ではないからとかそんな常識は打ち砕かれ一瞬で恋に落ちてしまう。

強く聡明で完成された大人の男。意識した瞬間、彼からは魅力しか見えなくなってしまう。

「それともそう言う関係になるのを望んでいたのか?」

冗談めかして言う。だがサバイバーには冗談には取れなかった。トラッパーを熱っぽい目で見つめたまま硬直した。しばしの時が流れる。そしてそれは思った以上に長い時間だった。緊迫した空気、途絶えた返答。その異質な空間にトラッパーが気付かないわけが無かった。

サバイバーの視線には熱が混じりその熱っぽい目がトラッパーを捕らえている。この目は知っている。怪物になる前、記憶としていた女の記憶。きちんと向き合い対処しなければ問題ごととして根強く残る面倒な存在だ。

トラッパーは優しくサバイバーの髪を撫でるとそのまま頰を親指でさすった。互いに見つめあう形になる。

「…………」

そして沈黙する。サバイバーはひたすらトラッパーを見つめている。その瞳には恋慕があった。どう対処するのが正解か、トラッパーは思案を重ねる。

「お前は普通に働いて褒められるより俺にこういうことをされたいか?」

「…………え」

突然の質問に鼓動が早まる。冗談ではない。もしもここでサバイバーが「うん」と頷いたならトラッパーとの関係はどう変わるのだろう。ビジネスライクな乾いた空気から男女のドロドロとした生々しい空気に変化するだろうか。もしここで肯定した場合どうなってしまうのか。

 

この家にはトラッパーとサバイバーの二人しかいない。もし肯定しトラッパーが受け入れた場合、時間もかからずにそういう展開になるだろう。今サバイバーに託された答えには大きな意味が秘められていた。

「トラッパーと、そういう関係になりたい」

言ってしまった。

トラッパーはサバイバーから手を離し硬直する。何を考えているかわからない。この返答は間違いだったのだろうか。

「そうか」

トラッパーは言う。感情は伺えない。そしてしばらく間を置いて、トラッパーは口を開く。

「俺は殺人者だぞ。それでもいいのか?」

斜めにサバイバーを見下しながらトラッパーは言った。

「はい」

サバイバーはそう返事するのがやっとだった。

「そうか」

トラッパーはそう言うとサバイバーの顔に手を添え顔を傾けて唇を重ねる。舌が唇を掠めてサバイバーを吸った。そのまま押し付けられソファーの上で重なり絡み合った。

トラッパーはサバイバーにまたがったまま唇を離す。そして顔を近づけ囁くように問いかけた。

「これが男女の関係だ。お前はそれを望むのか?」

「はい、トラッパー……このまま……」

サバイバーが何かを言う前にトラッパーはソファーから離れた。

「しないぞ」

そしてサバイバーに背を向けた。

「俺は何もしない」

トラッパーは静かに階段を上がり部屋に戻って行った。生々しい空気は消え去り元の乾いた空気だけが残った。

 

 

その後、トラッパーの部屋を叩いたのは翌日だ。サバイバーには決心のようなものがあった。サバイバーが扉を叩くとその声はすぐに響いた。サバイバーは扉を開け中へと入る。トラッパーの部屋は質素というより無骨だった。必要なもの以外は何も置いていない。

「何だ?」

ベッドに掛けぶっきらぼうに問うトラッパー。機能の事などなかったかのように本に目を落としている。サバイバーは勇気を出して問いかけた。

「昨日のことを聞きたくて……」

途中で終わってしまった男女の営み。モヤモヤする感情だけが取り残された。自分は何か誤ったことをしでかしただろうか。トラッパーの逆鱗に触れるような何か。問いかけたもののサバイバーは恐怖で硬直してしまった。トラッパーの拒絶が怖かった。

「そんなことか」

トラッパーはさも呆れたようにつぶやいた。本をぱたりと閉じサバイバーを睨む。サバイバーは反射的にびくりと怯えた。何を考えているか分からないからこそ怖い。

「俺が欲しくてここにきたのか」

「そうじゃない」

そこでトラッパーはにやりと笑う。その笑みに幾分か救われた気がした。トラッパーは話の本題に素早く移った。

「俺をベッドに連れて行こうと思ったら一筋縄ではいかないぞ」

トラッパーは言った。

「じゃあどうしてあんなこと」

あんなこと。突如捧げられたトラッパーからの口付け。恋い慕う男女がする行いだ。その真理をトラッパーに問う。

トラッパーはひたすら無言でサバイバーを見ていたがやがて口を開いた。

「本気で俺とそう言う関係になりたいのか?」

頷くサバイバー。トラッパーの真理はそこにあった。サバイバーが自分とどうなりたいのか。確認したいのはその点だけだった。それを知った上で彼は全てを決め、行動する。それが是で非でも何かしらの対処はしなければならない。

トラッパーは無言で立ち上がるとサバイバーの肩をとんと叩いた。

「わかった。俺は俺で考える。明日の夜には決める」

サバイバーはトラッパーの部屋を出ると放心状態だった。蛇ににらまれたような気分だ。緊張状態が続いたせいで何も考えられなかった。急速に進んだ時計の針と、自分の行動が急速に振り返り頭がわっと熱くなった。

 

翌日の日中、トラッパーは家を空けた。サバイバーは心落ち着かない様子で自室に籠もった。

社会に疲れた人をトラッパーがなでなでして癒す小説 一話

f:id:tableturning:20161103151604j:plain

その日、儀式が行われていた。一対一の戦いだった。サバイバーはただ一人生き残り他は全滅。故にその人物は巨漢と向き合いにらみ合っていた。背水の陣。目の前で死神が笑っている。死神は右手に持った剣を手にサバイバーをじっくりと眺めていた。

 

笑顔で固定された無機質な仮面、憂いを帯びた佇まい。霧の世界で殺人を行うその怪物はどこか不気味で悲壮感があった。何度も対峙した人物。それはサバイバーにとっても殺人鬼にとっても同じだ。

 

永遠に繰り返される儀式。ここで彼女を殺したとしてくるのはまた儀式の夜だ。

生と死が交差する異様な世界で、二人は共に生きることを選んだ。

 

 

森の奥深くに鎮座する煉瓦造りの建築物。二階建てで高く聳え立つそれは殺人鬼が住まう場所だった。天井は大きくくり貫かれ煉瓦は剥がれ落ち、床のフローリングはボロボロになっていた。それでも暇を見つけてはトラッパーとサバイバーが補修を行っている。それも二人で生活するという新しい意義を見つけたからだろう。

「トラッパー、床の補修をしておいたよ」

トラッパーの私室に訪れたサバイバーは開口一番そう言った。部屋で静かに書物を読み耽っていたトラッパーは視線を巡らせることもせずただ一言「そうか」とだけ言った。

 

仮面をつけた巨大な男トラッパー。仮面が作る笑顔とは逆にこの男は無感情で寡黙だった。最低限の会話と仕事以外ほとんどサバイバーと会話することはなかった。サバイバーはこの家に着てからこの男が笑った姿を一度たりとも見たことがない。たまに仮面を脱いで休憩しているところを見ることもあるがその顔はいつも仏頂面だ。

無言で書物とにらみ合っているトラッパーを一瞥するとサバイバーはその部屋を後にした。

 

サバイバーは一階へ降りると居間で静かに佇んだ。体を伸ばして一瞬の至福を得る。

トラッパーとにらみ合ったあの日、サバイバーは殺人鬼と協力することを選んだ。希望のないこの世界で永遠に続く狩り、それに耐えているのはサバイバーだけではない。殺人鬼の役割を課せられたトラッパーにとっても途方もなく辛い作業だった。

トラッパーは援助を必要としていた。そして理想的な援助が目の前にあった。あの頑固な朴念仁の希望を満たす部下は探せば簡単に見つかるようなものではないだろう。陰湿で頑固で短気な男のために尽くしてもいいと思える聖人のような人間でなければあの男に尽くし続けるのは難しい。で、なければ出世欲が無くどんな冷たい言葉も気にしないような忍耐強い者か。いずれにしても性格が強いものは彼の隣には立てない。

 

ともかくサバイバーは生きてトラッパーを手伝うことを条件に生かされている。そしてそれははや一か月が経とうとしていた。

「おい、お前。あれはどこにしまった?」

そんなことを考えているとトラッパーがどかどか足音を立てながら二階から降り開口一番そう言った。

「武器なら磨いて地下室においてあるよ」

「わかった」

トラッパーはぶっきらぼうにそう言うと地下室へ向かった。トラッパーはもはや目的語を使わなくなっていた。いつも「あれ」や「それ」と言った言葉で命令をしてくる。それで通じてしまうほど彼らの信頼関係は深まっているように見えるが実際はトラッパーが他人に対して自分の考えを理解するように強要しているだけだ。トラッパーは他者に命令しながら自分の思考を読み取って自分のために行動することを一番に望んでいる。

「なかなかよく磨いてあるじゃないか」

トラッパーは地下室から戻ってくると剣を見つめてそう言った。サバイバーはにやりと笑った。どうやら彼のご機嫌取りは成功したらしい

「これで私のことは生かしておいてくれる?」

「なんでお前を殺さなきゃいけないんだ」

トラッパーは至極真面目に返答した。余りにもストレートな好意にサバイバーの心が一瞬揺らいだ。視線は狼狽し思わず顔を赤らめてトラッパーから目を背ける。

「馬鹿なことばかり言っていないで俺が戻ってくるまで部屋の掃除でもしておけ」

そう吐き捨てると武器と罠を手に取り家から出て行った。サバイバーの心の動きなど興味もなさそうだった。

頑固で仏頂面で朴念仁。だが彼は同時にクールで頭脳明晰であり努力家だった。完璧な大人の男だ。

 

*

 

サバイバーとトラッパーは男女二人でこの家に暮らしている。普通ならば何も起こらないわけがないはずだが生憎トラッパーはストイックな性格だ。トラッパーがサバイバーと男女の関係を求めることはない。無機質なコンクリートの部屋はビジネスライクな乾燥した空気で満たされていた。

そのことに関してサバイバーは疑問を抱いたことはない。特別何かを変えようとは思っていなかった。とにかくここに自分があり生きているという事実。それが重要だ。トラッパーの下で働くというのは楽ということではなかったが要領さえ掴めば悪いことはおきなかった。

そんなことを考えているとガチャガチャという扉を開ける音が静寂を打ち破った。

「帰ったぞ」

トラッパーの帰宅。きわめて無機質で感情のない音声。

「おかえりトラッパー」

サバイバーはタオルを手に持つとトラッパーの返り血を拭った。仮面についた血を優しく撫でにこりと笑う。

まるで甲斐甲斐しい妻のようだ。少しだけそんなことを意識しながらトラッパーに微笑みかけてみた。ほんのいたずら心だった。恐らく彼は何も感じはしないだろう。ましてや勘違いなどするわけがない。ただいつもとは違う手法で彼に接してみたくなっただけだ。

「あ、ああ。すまない」

トラッパーはサバイバーから顔を背けてそう言った。微妙な空気が流れていた。

「体についた血も拭ってくれるか?」

低い声でトラッパーは言う。彼がそんなことを口にするのは初めてだった。

「わかった」

サバイバーはタオルでトラッパーの肩から胸にかけてゆっくりと丁寧に拭った。

「傷、痛くない?」

サバイバーは優しい口調で穏やかに問う。

「痛いぞ」

トラッパーはただ一言そう言った。仮面の隙間から見える彼の目は自分をじっと見つめている。その目には自分の姿だけしか映っていない。ねっとりとした視線が自分を絡み取るのが感じられた。

「お前に治療してもらう日がきそうだな」

「まかせて」

「冗談だ。このままでいい」

サバイバーはトラッパーの硬くたくましい筋肉についた血をタオルで撫でた。よく鍛えられている。そこには男らしさが秘められていた。そしてその男が俯き加減で自分を見つめている。いつもとは違う絡みつくような男の目で。何故だか心臓の鼓動が早まった気がした。

「次から……」

「え?」

「次もこうしてくれないか?」

囁くような小さい声でトラッパーがそういった。

「わ、わかっ」

「なんでもない。忘れてくれ」

サバイバーが何かを言いかけたところでそれを打ち切った。

「シャワーを浴びてくる……」

トラッパーは低い声でそういうとサバイバーを優しく離してシャワー室に向かった。

 

サバイバーの予想とは少し違っていた。

そう言う期待を抱かせることを意図したわけではない。彼女の予想は心底嫌悪した表情で文句をいうか、人を馬鹿にしたように嘲笑うかの二つだった。だがトラッパーの言葉には微妙な感情の変化が含まれていた気がした。

恐らく気のせいだろう。あの朴念仁が自分をそういう目で見ることなどありえない。

 

レイスの日記3日目

f:id:tableturning:20161103151606j:plain

とりあえず人を追いかけて武器で殴って見た。

このフックに吊るせばいいのかな。

 

なんか空に吸い込まれていった。

うわぁ気分悪い。

 

吊るすのは一人だけでいいよね。

他の人には帰ってもらおう。

 

なんかすごく感謝された。

人助けってすごく気持ちいい!(^_^)